前へ
次へ

正しい使い方で効果をより実感できるスキンケア化粧品

毎日使用するスキンケア化粧品を選ぶ際は、自分のお肌の状態や使われている成分、効果などに注目している人は多いのではないでしょうか。
でも、自分に合う化粧品をしっかり選んでいても、その効果を実感することができない人も多いと言われています。
どんなに良い化粧品を使用していても、間違った使い方をしていると、せっかくの良い効果が半減してしまいます。
新しく買い替える前に使い方をもう一度見直して見ると良いでしょう。
たとえば、乾燥を防ぐために使用している乳液の使い方です。
まず、使う量は必ず適量を守ることが大切です。
少なすぎると乾燥の原因になりますし、多すぎるとオイリーなお肌になってニキビなどの原因になるからです。
パッケージなどに記載されている適量を守ることで、乳液が持つ効果を実感することができます。
そして、手の平で温めてから頬からやさしく馴染ませていきます。
その際に気をつけたいのは、鼻やあごなどニキビができやすい部分は少量にすることです。
ほうれい線や目元の小じわの部分には、乾燥しないように丁寧になじませます。
最後は手の平で顔全体を包み込むように抑え、手の温かさで乳液をお肌に浸透させます。
使い方ひとつでしっかり効果を実感できるので、実践してみると良いでしょう。

Page Top